土地活用

土地活用のご提案

1990年からのバブル崩壊を最後に、日本の土地神話は崩壊しました。
それまでは、土地を持ってさえいれば、自然のその価値が高まっていきましたが、今は、ただ土地を持っているだけでは、税金や維持費がかさむだけで何のメリットもありません。
かといって勧められるままに何の精査もなく契約をしてしまう、というのは禁物です。その計画が本当に地主様のためになるのか、収益性は確かなのか、いろいろな様々な角度から検討し、判断していかなければなりません。
Diproは、地主様の想いを形にして、土地を有効に活用しその土地のもつパフォーマンスを最大限発揮できるようなご提案をいたします。

土地活用の条件

土地活用に取り組むに当たり、もっとも大切なもの。それは地主様の経営者としての固い意志です。土地活用にはいろいろな手法があります。どの手法をとるかによってそのリターンとリスクも異なってきます。それに、土地の周辺環境によって、どのような活用方法をとればもっともメリットがあるのかが異なってきます。

土地活用のポイント

  1. 業者まかせにせず、自分は経営者との意識で臨む。
  2. その土地の長所・短所を見極める。
  3. 業者任せにしない。
  4. 収益(年間利益)と財務(銀行返済)のバランスを考える。
  5. セカンドオピニオンを得る。

それでは具体的には、どのような土地活用パターンがあるのかを
見てみましょう。

賃貸マンション

土地に、マンションまたはアパートを建てて賃貸します。
比較的適用の幅が広く、さまざまなエリアで事業化が可能です。
通常は、銀行融資を利用して工事代金を賄い、長期のローンで家賃収入から毎月の返済を行っていくことになります。
賃貸マンションは、そのエリアで求められる間取りや家賃設定を間違えなければ、比較的に計画に近い家賃収入を得られます。詳しくは不動産投資のページへ

駐車場・土地貸

土地をそのままに月極駐車場として貸したり、店舗を建てたい企業等に賃貸します。
賃貸マンション経営と比較すると、投資額が小さくリスクが低い反面、賃料収入も少なくなります。
立地によっては、コイン駐車場も有効な活用手法となります。

土地を、建物を建てる目的で賃貸する場合は、地主様の権利を守るために、専門知識のある不動産業者を通じて契約することをお勧めします。

土地売却

土地を売却して換金します。代金で、他の不動産に投資したり、他の金融資産に投資します。
土地を活用せずに所有していると、固定資産税等でズルズルと費用がかかりますが、売却すれば負担がありません。売却のページへ

放置する

何もせず、そのままにしておく方法です。
リスクは少ないのですが、更地だと高い固定資産税等を毎年支払い続けなければなりません。
また、全く使っていない土地でも、草取りや掃除が必要になり、その費用は決して安くはありません。